相続ってたいへん?不動産の相続税で苦労した人に聞いてみた。

公開日: 

相続で親族間での相続トラブルのほかに相続税で苦労したって話はよく聞きますが、実際にどんな苦労があるのでしょうか。

そこで、じっさいに不動産の相続税で苦労した経験者に話を聞いてみました。

不動産の相続税で苦労した人の体験談

親が所有していた不動産を相続した会社員ですが、相続した財産の価値に対して相続税が課せられることになってしまい、すごく苦労をしました。

土地と建物の相続税評価額がかなり高額だったので、相続税の金額も膨大であり、とても現金で支払うことが出来ない金額でした。

親から引き継いだ土地と建物なので、しっかりと維持管理をしていきたいと考えていた矢先のことだったのですごく悔しい気持ちになりました。

土地の面積はかなり大きかったので、土地の一画を分筆して売却して、その資金を使って相続税の支払いをしました。

相続が行われると、相続税がかなり高くなって驚いてしまう人も多いです。

被相続人としては、生前から出来る準備をしておくことで、相続税を少しでも抑えると良いでしょう。
会社員 50歳 男性

まとめ

想像とくらべてどうでしたか?

やはり土地と建物の相続税評価額しだいでは、たいへんなようですね。

相続したはいいが、一部売らないと相続税を払えないというケースに注意しないといけないのが興味深かったです。

親御さんがご健在なときから、不動産を少しずつ売っておいて、贈与税がかからない程度で、子や孫に生前贈与していく方法や実家を生前に売却しておくという方法を使うほうがいいかもしれないですね。

そうすれば、不動産での相続税の圧縮になりますし。

利用しないと損かもしれません。

家の売却について考えている人は、下の2つの記事をみると、意外と楽に高く売れるので、ぜひ参考にしてみてください。

元不動産屋が酔ったイキオイで告白!高く家を売る必勝方法

不動産営業にどういう人がカモなのか聞いてみたら参考にしてね。

PAGE TOP ↑