ホームメイトの不動産売却の評判

2023年7月12日

ホームメイトの不動産買取・査定のクチコミ

広域展開している不動産会社は、広範なネットワークを持っているため、多くの顧客を抱えています。

ただし、例えば地方の中心地から少し離れた物件などは、売りにくい場合もあります。これは、担当者や支店の営業方針によるもので、あまり歓迎されない傾向があります。

しかし、査定をより良くするためには、複数の不動産会社に相見積もりを依頼することが必要です。そうすることで、より適切な査定を得ることができます。

  

築年数が把握しずらい物件、おそらく江戸時代前後からの土地だと思います。相続も名義人にもなっていな

まるさん 

築年数が把握しずらい物件、おそらく江戸時代前後からの土地だと思います。

相続も名義人にもなっていない土地家屋の売却について相談。ちょうど税金の支払い書が届いたことをきっかけにホームメイトを利用しました。

とりわけホームメイトである必要性が見当たらないのですが、役所を通した不動産会社がホームメイトでした。

一番初めは電話で相談し、現地に向かって物件を見る必要があるとの対応でした。その後見積書を出すことができるという流れです 会社の業務としては一般媒介を扱っているようですが、当案件では専任媒介という扱い。

ホームメイトの担当者の印象はこれというよしわるしがなく、普通でした。他の不動産会社よりも、やる気は見えました。


知ってる不動産査定 , USA 3.0 3.0 1 1 築年数が把握しずらい物件、おそらく江戸時代前後からの土地だと思います。相続も名義人にもなっていない土地家屋の売却につ

クチコミ投稿する


Submit your review
*必須項目です

ホームメイトの会社概要

東建コーポレーション株式会社は、名古屋市中区に本社を置いています。

1974年9月に創業され、1976年7月に設立されました。東建コーポレーション株式会社の資本金は4,800,000,000円であり、東証プライムおよび名証プレミアに上場しており、コードNo.1766で取引されています。

東建コーポレーション株式会社は、4,564名の社員(パート社員を含む)を擁しており、東建グループ全体では5,122名の社員が活躍しています(2022年10月1日現在)。全国には535店舗の事業所(ホームメイト店、東建支店、FC店)が展開されています(2022年11月現在)。

同社の事業内容には、土地所有者向け一般リース建築事業(ブリッジシステム)、土地所有者と企業を結ぶ企業向けリース建築事業(キャッチシステム)、高品質自由設計住宅事業(ヨーロピアンハウス)、賃貸マンション・賃貸アパート・貸店舗の仲介事業(ホームメイト仲介システム)、住まいのリフォーム事業、定期借地権付住宅販売事業(フレンドリーシステム)、ワンイヤーマンション事業(家具・家電付1年賃貸)、市街地再開発型容積率活用事業(ユース)、ネット広告事業が含まれています。

東建コーポレーション株式会社は、建設業許可や宅建業免許を取得しており、信頼性の高い業務を提供しています。また、グループ会社としては、ナスラック株式会社、上海東販国際貿易有限公司、東建リースファンド株式会社、東建ビル管理株式会社、株式会社東通エィジェンシー、株式会社東通トラベル、東建多度カントリークラブ・名古屋(東建多度カントリー株式会社)、東建塩河カントリー倶楽部(東建リゾート・ジャパン株式会社)があります。

  • 会社名:東建コーポレーション株式会社
  • 本社住所:愛知県名古屋市中区丸の内ニ丁目1番33号 東建本社丸の内ビル
  • 本社電話番号:052-232-8000
  • 公式サイト:https://www.homemate.co.jp/ https://www.token.co.jp/
  • 免許番号:国土交通大臣(11)3058号

過去5年間に免許取消や業務停止などの、行政処分を受けた会社が検索できる『国土交通省ネガティブ情報等検索システム』に該当ありませんでした。安全性は、比較的高いと推測されます。2023年2月現在

※オレンジ色の「口コミ投稿する」ボタンを押すとクチコミ欄がでてきます。
※口コミは個人的意見で、会社・サービスの絶対的評価を決めるものではありません。あくまでも一つの参考情報としてご活用下さい。
※不動産査定と売却以外の口コミは承認されません。